運命の人だと感じた瞬間BEST10・男性編

女性の口からの方が聞く事が多い「運命」。関係ないフリして、実は運命を期待している男性も多いはずです。
では、男性はどのような瞬間が運命に繋がるのでしょうか?
男性が運命を感じる瞬間BEST10のご紹介です。

【BEST 1】 疲れているときに優しくなる瞬間
仕事中に「今日は元気ないね、大丈夫?」と気にかけてくれたら、母性を感じて一気にキュンとなりますよね。
男性は皆、甘えん坊要素があります。
疲れ・心を癒してくれる女性は、男性の運命の人理想像とも言えるのではないでしょうか?

【BEST 2】 自分にしか見せない表情をしてくれた瞬間
女性は笑顔が一番可愛いです。
そして怒ったり哀しんでいる姿も見せてくれると、男性は守ってやりたい気持ちへ変わります。
鈍感な男性にも伝わるように、女性は運命のパートナーとして選ばれるように素直な気持ちをストレートにぶつけてみましょう。

【BEST 3】 知り合いでもない人に1日に何度も会う瞬間
道ばたで会い、そして本屋でもすれ違い、帰りの電車で向かいに座っている。
このような偶然は経験したことがありますか?偶然なのか巡り合わせなのか運命なのか…不思議ですね。
「運命」に興味のなかった男性も、これはもしかして?と頭によぎるはずです。

【BEST 4】 、全く同じ発言をした瞬間
同じ発言をする・同じ感覚の持ち主というのは意外に出会わないものです。
お互いにとってすんなりハマる、呼吸ピッタリな関係を築ける運命は無駄にしてほしくないですね。

【BEST 5】 趣味が全く一緒だと気付いた瞬間
本屋、カフェ、レコード屋など、趣味の場からの出会いもあれば、あまり交流のなかった友人の趣味を知って急接近というパターンもあります。
趣味が2人の入り口というのは盛り上がる話題が最初からあるのでいいですね。

【BEST 6】 電車に乗っていて、いつも目が合う瞬間
通勤ラッシュでは特に、いつも同じ席に座っている女性と目が合うと気になる存在になりますよね。
そこから運命の出会いへ発展するかどうかは、お互いのどちらかがまずは話しかけてみることが重要です。

【BEST 7】 旅先で出会った瞬間
日常生活では出会えなかったご縁には、特別な気持ちが生まれます。
海外で日本人に出会うと、思わずホッとして話しかけたくなりますよね。
現地の人々にも勇気を出して話しかければ、素敵な運命が待っているのかもしれません。

【BEST 8】 バーカウンターでタイプの女性と隣同士に座った瞬間
ムードも良いので運命の出会いシーンにぴったりですね。
流行りの草食系男子は、お酒の力を借りれば勇気を出して話しかけられるはずです。
話しかけられた女性も、ほろ酔いだとテンションも高めで気さくに答えてくれるかもしれません。

【BEST 9】 将来像が同じだと気付いた瞬間
結婚願望が強い男性にはとても重要な条件ではないでしょうか?
いくら美人でも理想の家族構成、人生計画が全く噛み合わないと運命からは遠のくばかりです。

【BEST 10】 出身地・母校が一緒だった瞬間
職場で出会った相手を知っていくうちに、出身地や母校、地元が一緒だったという偶然はまれにありますよね。
とくに小・中学校一緒だったなど連続していると再会する運命だったのだと感じてしまいます。

「運命」を感じる基準は、女性に比べてメルヘン色は弱く、現実性の高い傾向にあります。
男性は何度も起こる巡り合わせや、自分の趣味や考え方を最初から理解してくれる境遇である場合に「特別=運命」であると感じるようです。
男性の皆さん、もう一度周りの女性を見渡してみてはいかがでしょうか?